お客様インタビュー(澤田 元幸 先生)

さわだ整形外科  澤田 元幸 院長
  • さわだ整形外科  澤田 元幸先生
  • 2007年10月15日 開業
  • 〒661-0002
    兵庫県尼崎市塚口町1-12-8
  • 整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科
  • ホームページ http://www.sawadaseikei.jp/

患者さんに待って頂いても満足していただける医療を提供し続ける

兵庫県尼崎市、阪急塚口駅北口を出ると懐かしい商店街が伸びている。その商店街をほんの少し歩いたビルの2階にさわだ整形外科がある。開業して2年を迎えた。1日の患者数は150人を下回ることはない。半日で100人を超える患者が詰めかけることも珍しくない。

プロの仕事が感じられた

写真:さわだ整形外科院内風景
開業を考えるようになったのはいつ頃でしょうか。
澤田 もう随分と前になります。そもそも私の父親が内科の開業医だったので、自分もいずれは開業するんだろうなと漠然とした考えは当初からありましたね。
直接のきっかけは?
澤田 やはり人事でしょうか。年数が経ち経験が重なっていくと、そのうち現場からは距離が出てきてしまいます。開業医の息子である私にとって、本当に自分がやりたかったことはなんだろうと考え込むようになりました。
開業するという意思決定をしたあとは、どんな準備をされていましたか。
澤田 最初は医薬品の卸さんなど従来の開業支援サービスをしてくれていた人たちとの接触がありました。
それがなぜ日本医業総研にコンサルを依頼することになったのでしょうか。
澤田 医業総研さんとの出会いは知り合いの医師を介してでした。開業するんだったらこんなところがあるよといって。正直お話しすると、当初、医業総研さん以外にも複数の開業を支援してくれるようなところとお話はしていて、いわゆる二股三股をかけていた(笑)。
コンサルを依頼する判断はどのようなところで?
澤田 サービスの質、情報量の多さ、プロの仕事といったところが感じられたからということでしょうか。開業コンサルの専業でない業者さんは、どうしても開業まで。物件を探してきてくれて、あとは開業後はやってみなきゃ分からないといったことですね。しかし、医業総研さんは100%成功する(させる)という。こちらも後半の人生をかけて開業を決意したわけですから、やってみなきゃと言われても...。
一緒に開業の準備を進めてみていかがでしたか。
澤田 満足しました。他の業者さんとは情報量が全く違う。また、その情報にエビデンスが感じられました。たとえば私は開業候補地の人口には目がいっていましたが、それだけ。人がいれば患者さんは来てくれるだろうと。ところが、それは違うと。人口だけでなく有病率や患者調査などのデータも確認して立地を決めていく。

「決して諦めない」が信念

写真:さわだ整形外科院内風景
最終的に現在のところに開業を決めるにあたってはいかがでしたか。
澤田 不安でしたね(笑)。駅から近く、商店街という環境は希望ではあったんですが。ビルの2階でしょ。しかも家賃が安くない、というか高い。こんなところで開業しても患者さんは来るのか、そもそも患者さんがそこそこ来てくれても、高い家賃を支払ってしかもスタッフを雇って、事業としてまわって行くんだろうかと、本当に不安でした。
で、なんで決めたんですか。
澤田 医業総研の担当の方に、「先生、ここでダメだったら、どこで開業してもだめですよ」って言われました(笑い)。ほんとですか!? といいたところですね。しかもこの物件には意思決定まで時間がありませんでした。早く決めなければ流れてしまう。また、開業まで2-3ヶ月しかなく、内装はじめ本当に間に合うんだろうかという不安がありました。
それでもここに決めたのは。
澤田 先ほども話したように、立地に関してキチンと現地調査もやってくれて勧めてくれましたから。当初私には人口だけしか頭になかったと言いましたが、医業総研さんはそれ以外の基準も見せてくれたし、何より生活動線という視点を提供してくれなました。人がどんな動きを住んでいる街の中でしているかといったことですね。新鮮でしたよ。だから不安はありましたが、プロの言うことだからと腹決めができた。
ところで、今後、どんな医療を目指していらっしゃいますか。
澤田 開業当初からといっても良いですが、まずはこの地域にしっかりと根ざした医療をやっていきたい。経営者としては、たくさんの患者さんに来ていただきたい。患者数が多ければ、自然、待ち時間は長くなってしまいますが、それでも満足いただける医療サービスを提供していく。これが決意ですね。
最後に座右の銘があれば。
澤田 「決して諦めない」。これも私の信念です。諦めずにやっていれば、必ず道は見えてくる。朝の来ない夜はありませんし、できるまでやればできるようになるんですよ。
無料医院開業相談LetsMyPageについて

他にも、以下の先生のインタビューも閲覧されています。

日本医業総研へのお問い合わせ
▲ page top